井戸木鴻樹は43位に浮上、B・ランガーが優勝に王手!

ParOn.(パーオン) / 2014年5月4日 14時23分

43位タイに浮上した井戸木鴻樹 インスペリティインビテーショナル(2014)(2日目) 写真・Getty Images

インスペリティインビテーショナル(5月2~4日、米国テキサス州・ザ・ウッドランズCC、7002ヤード、パー72)

 初日74の2オーバーで回った井戸木鴻樹は、この日は1番でバーディを奪い、幸先のいいスタートを切った。が、2番ですぐにボギーをたたくと5、8、9番でもボギー。逆に後半はバーディが先行し、ボギーをたたいのは14番のみ。結局、この日1オーバーで回り、通算3オーバーの43位タイと、前日より順位を上げて2日目を終えた。

 前日に続き、首位をキープしたのはベルンハルト・ランガー(ドイツ)。現在、獲得賞金とポイントレースにおいてトップを快走中だ。

「最初の3ホールで2バーディを奪い、さらに6番でもバーディと、本当に素晴らしいスタートを切れた。ティグラウンドからグリーンまで、ずっと安定したプレーでした」

 前半3バーディ、ノーボギー、後半は2バーディ、1ボギーで回ったランガーは、唯一、スコアを2ケタアンダーの通算10アンダーとした。2位のコリン・モンゴメリー(スコットランド)との差を3打とし、大会3勝目に向けて王手をかけた。

「全部の優勝が私にとって快感だし、うれしい! この試合で3勝できれば、本当に素晴らしいことです。これまで一つの大会で私は3回勝ったことはないと思います。だから、明日、初めての出来事に挑戦するので面白そうです」

 そんなランガーを追う、モンゴメリーはこう語る。

「今日は昨日よりパットがよかった。ショットがよくても最後が決まらなかったけど、今日はそのチャンスを生かし、スコアを伸ばすことができました。明日は首位に立つ友人(ランガー)をやっつける為にベストを尽くしたい」

 6アンダーの3位タイには、ゲーリー・ホールバーグ(米国)、バート・ブライアント、そしてエステバン・トレド(メキシコ)がいる。

文・秋山義和

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング