宮里美香、男子ツアー観戦で気分をリフレッシュ!?

ParOn.(パーオン) / 2014年5月7日 18時51分

時差ボケもなく、体調バッチリでメジャー初戦に臨む宮里美香 ワールドレディスチャンピオンシップ サロンパスカップ(2014)(事前情報) 写真・佐々木啓

ワールドレディスチャンピオンシップ サロンパスカップ(5月8~11日、茨城県・茨城GC、6630ヤード、パー72)

 今季女子ツアー開幕戦のダイキンオーキッドレディス以来、日本での試合は今大会で2戦目となる宮里美香。

「今は時差ボケもなく、体調もバッチリです」

 と、今週開催の国内メジャー初戦に意欲を向けた。

 現在、主戦場とする米ツアーでは、スインギングスカートLPGAクラシック21位タイが最高位で、賞金ランキングも74位と低迷している。そのことについて宮里は、

「思うような結果は残せていませんが、少しずつ自分のゴルフに近づいてきています。かみ合えば、ゴルフはまとまってくると思います」と前向きだ。

 メジャーという大舞台だけに「優勝したい」と語る宮里は、コースも入念にチェックした。

「グリーンは速く、ラフは長い。ラウンドしながらバンカーの砂質が柔らかいので少し難しく感じました。いいバンカーショットをしても距離が出てしまうことがあるので、そこが注意点です」

 先週は仲のいい富村真治を応援するために男子ツアーを観戦したことを明かし、

「小学校から一緒にプレーしていた仲なので、親みたいな心境ですごくドキドキして見ていました。親もこんな気持ちで見ているんだなって、すごく新鮮でした」

 と、気分をリフレッシュできたようだった。

 今週は勝みなみさんに注目が集まっていることについて、

「米国にいても日本のツアーのことは気になっているので、勝さんの活躍はすごく刺激になります。自分の15歳のときとはレベルが違うと思います」

 と、その存在について、少しは意識しているようだった。

 昨年はスポット参戦で日本女子オープンを制した宮里が、再び日本のメジャーで勝利を呼び込めるか。

文・キム ミョンウ

ParOn.(パーオン)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング