松山25位に浮上! 首位M・カイマー、J・スピース1打差2位

ParOn.(パーオン) / 2014年5月10日 8時56分

ベストスコア66をマークして2位に浮上したジョーダン・スピース ザ・プレーヤーズ選手権(2014)(2日目) 写真・Getty Images

ザ・プレーヤーズ選手権(5月8~11日、米国フロリダ州・TPCソーグラス、7215ヤード、パー72)

 現地時間9日に行われた大会2日目。マーティン・カイマー(独)が12アンダーで首位を守り、1打差の2位にジョーダン・スピース。松山英樹は3アンダーで25位タイに浮上した。

 インスタートの松山英樹は、13番でバーディ先行も続く14番をボギー。後半も1番でバーディを奪うが4番でボギーと波に乗りきれなかったが、最後の9番をバーディで締めくくり、3バーディ、2ボギーの71。通算3アンダーで25位タイに浮上し、決勝ラウンドに駒を進めた。

 初日9バーディ、ノーボギーの完璧な内容で首位に立ったマーティン・カイマーは、3番バーディで先行したが、7番で今大会初のボギー。前半1アンダーで後半に入り、12番でバーディと着実にスコアを伸ばし、5バーディ、2ボギーの69、3つ伸ばして通算12アンダーで首位をキープした。

 この日のベストスコア66をマークして2位に入ったのは20歳のジョーダン・スピース。前半3バーディ、後半も13、14番の連続を含む3バーディを奪い、初日に続くノーボギーの66で回り、通算11アンダー。首位に1打差で決勝ラウンドを迎える。

 ラッセル・ヘンリーが一つ伸ばして通算8アンダーの3位。6アンダーの4位タイには、セルジオ・ガルシア(スペイン)、ジム・フューリク、リー・ウエストウッド(英)、ジャスティン・ローズ(英)、ゲーリー・ウッドランドの5人が並ぶ。

 また、フィル・ミケルソン、前週優勝のJ・B・ホームズは予選落ちとなった。

ParOn.(パーオン)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング