2ラウンド終了、北田瑠衣が6位タイに浮上

ParOn.(パーオン) / 2014年5月10日 9時9分

56位タイで予選通過を果たし決勝ラウンドでは上位を目指す横峯さくら ワールドレディスチャンピオンシップ サロンパスカップ(2014)(2日目) 写真・佐々木啓

ワールドレディスチャンピオンシップ サロンパスカップ(5月8~11日、茨城県・茨城GC、6630ヤード、パー72)

 大会3日目、日没サスペンデッドとなった2ラウンドの残りが早朝6時26分に再開された。ホールアウトできなかった55選手がすべてプレーを終え、順位が確定した。

 首位は通算4アンダーのフォン シャンシャン(中国)とカン ヨウジン(韓)、3位は通算3アンダーのフェービー・ヤオ(台湾)と変わらず、2アンダーの4位タイにジョン ヨンジュ(韓)と中断時の17位から3つ伸ばしたイ ジウ(韓)が並んだ。

 初日から4つ伸ばした北田瑠衣が、一ノ瀬優希、菊地絵理香、穴井詩と通算1アンダーの6位タイに並んでいる。鬼澤信子は一つ落として、宮里藍、美香らと同じ通算イーブンパーの10位タイグループ。

 勝みなみさんは35位タイ、横峯さくらは56位タイで予選を通過し、森田理香子、笠りつ子、アマチュアの森田遙さんは予選落ちとなった。

ParOn.(パーオン)

トピックスRSS

ランキング