松山英樹 我慢のゴルフで予選突破!

ParOn.(パーオン) / 2014年5月10日 12時38分

我慢のゴルフで通算3アンダーの25位タイとした松山英樹 ザ・プレーヤーズ選手権(2014)(2日目) 写真・Getty Images

ザ・プレーヤーズ選手権(5月8~11日、米国フロリダ州・TPCソーグラス、7215ヤード、パー72)

 大会2日目、松山英樹は3バーディ、2ボギーの71で回り、通算3アンダーで25位タイに浮上。首位は12アンダーのマーティン・カイマー、2位に11アンダーのジョーダン・スピース。

 インスタートの松山は、前半12番、16番、17番で3~4メートルのバーディチャンスを決められなかったが、18番でピン上から5.2メートルのパーパットを決めて、1バーディ、1ボギーのイーブン。後半に入ると、3つのバーディチャンスで1番の1.5メートル、9番は55センチのバーディパットを決め、2バーディ、1ボギー。トータル71で通算3アンダーと一つ伸ばし、25位タイで決勝ラウンドへ。

「まず予選を突破できたのはよかったです。上位との差はだいぶ開いていますが、ミスもありながら、よく我慢したと思います。」

パットの調子は上がってきた。

「最初のうちはチャンスに入れられなかったのが、すごく痛かったです。それでも、アプローチもショットもよくなかった中で、パッティングでしのげたところはたくさんあったし、後半は10パットだったので結果的にはよかったと思います」

ショットの調子は。

「ショットは真っすぐ行かなくてラフにつかまったり、アプローチもミスが多かったのに、よくアンダーで回れたという感じです。すべて修正したいですが、まずはショットを直していきたいです」

決勝ラウンドに向けて。

「最後の9番バーディは明日につながると思います。先週は3日目、4日目とよくなかったので、今週はアンダーで回れるように頑張ります」

 3日目は、同じ初出場のジェイミー・ドナルドソン(ウェールズ)と組んで、午後12時35分にティオフ予定。さらにアンダーパーを続けて上位進出を期待する。

ParOn.(パーオン)

トピックスRSS

ランキング