成田美寿々が好調パットでメジャー初V狙う!

ParOn.(パーオン) / 2014年5月10日 20時13分

今季の目標メジャーを含む年間3勝に一歩近づいた成田美寿々 ワールドレディスチャンピオンシップ サロンパスカップ(2014)(3日目) 写真・佐々木啓

ワールドレディスチャンピオンシップ サロンパスカップ(5月8~11日、茨城県・茨城GC、6630ヤード、パー72)

 ツアー通算2勝で、今季はまだ勝利がない成田美寿々に、メジャー初制覇が見えてきた。

 今日は2オーバーの23位タイから、スコアを6つ伸ばして通算4アンダー、単独2位で最終日を迎える。

 完璧なゴルフだった。2番のチップインバーディのあと、4番をボギーとしたが、5番でバーディを取って後半へ。

 そこから面白いようにパットが入った。

「今日のスコアはパターが入ったのがすべてです。カラーからのパットも入ってくれました」

 後半に奪った5つのバーディ中、12番は8メートル、15番は4メートルをすべてカラーからのパットを沈めた。

「昨日の勝さんの『65』ですか? 正直、すごく意識していますね。後半に入る前、アマチュアがこれだけがんばっているので、『自分でもできる!』って自分に喝を入れました(笑)」

 そんな男気ある気合いでスコアを伸ばした成田だが、長らくパットに悩まされていた。

「ショットは良くてピンについても入らないもどかしさがありました。でも今年は3パットが減り、ショットの負担がなくなりました」

 今季はフジサンケイレディスクラシックで単独2位、KKT杯バンテリンレディスオープンは6位タイと好調の成田。明日の最終日に逆転優勝を狙う。

「今年はメジャーを含む年間3勝が目標です。フォン シャンシャンさんにしっかりついていって優勝狙っていきたい」

 スコアを落とさない安定したプレーに定評があるフォン シャンシャンを相手に成田がどこまで食らいつけるのか見ものだ。

文・キム ミョンウ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング