吉田弓美子 花粉症に負けずに首位タイ発進

ParOn.(パーオン) / 2014年5月16日 21時0分

最後の花粉アレルギー芝花粉と戦う吉田弓美子 ほけんの窓口レディース(2014)(1日目) 写真・鈴木祥

ほけんの窓口レディース(5月16~18日、福岡県・福岡CC和白C、6314ヤード、パー72)

 極度の花粉症に耐えながらも吉田弓美子が5バーディ、2ボギーの69、3アンダーで首位タイと好スタートを切った。

「前半2~3メートルのバーディパットを3つくらい外して折り返したんですけど、タラレバになりますが、もうちょっと行けたかなという感じですね。手前かなと思ったショットが良かったり、奥かなと思ったらそんなに行っていなかったり、そういう意味では恵まれた初日でした」

 初日の全選手の平均パーオン率は56.6360パーセントだったが、吉田は77.7778パーセントと、ショットメーカーらしく丘陵コース特有の起伏、さらに小さいグリーンでもチャンスを多く作った。

「アイアンの調子が先々週ぐらいから良くなってきています。今週は3日間、いいお天気でグリーンも硬くなると思うので、手前からしっかり攻めるなりマネジメントをしっかりやっていきたいです」

 今大会のグリーンはラインが読みにくいといわれており、初日の全選手の平均パット数は33.6470と高い数字になっている。パーオン率の高いショットメーカーの吉田には有利ともいえる。

「今の時期は芝花粉がすごいんです。これが最後の花粉アレルギーです。今まで試合でもマスクをしていたのですが口の周りが荒れてきちゃって、今はつけたり外したりしています。今日は暑かったからしていなかったのですが、油断をすると鼻水が出そうになります(笑)」

 今週の吉田にとって、最大の敵は芝花粉となりそうだ。

文・小高拓

ParOn.(パーオン)

トピックスRSS

ランキング