プロ4年目の工藤遥加 自己最高の好発進

ParOn.(パーオン) / 2014年5月16日 20時0分

1打差の3位タイから残り2日間も自分のプレーを崩さず戦うという工藤遙加 ほけんの窓口レディース(2014)(1日目) 写真・鈴木祥

ほけんの窓口レディース(5月16~18日、福岡県・福岡CC和白C、6314ヤード、パー72)

 元プロ野球選手の工藤公康氏を父に持つプロ4年目の工藤遥加が、5バーディ、3ボギーの70、2アンダーで首位と1打差の3位タイと、自己最高のスタートとなった。

「内容的には良かったです。ドライバーも曲がらなかったですし。ただ、パー5で伸ばせなかったので、もう少しマネジメントを考えないといけないと思います」 

 4つあるパー5で、バーディを奪ったのは一つというのが反省材料だが、この日奪った5つのバーディの内、4つが1メートル以内と高いショット力を見せつけた。

 工藤は、父譲りの高い運動能力と、身長171センチと恵まれた体格からの圧倒的な飛距離で、プロ転向時から注目を集めていた。昨年のQTで34位に入って、ようやく初のフル参戦の資格を得た。今季は10戦中予選落ち2回と安定感は高いが、Tポイントレディスの15位タイが最高と上位進出は果たせていない。

「練習したことがコースで出ればいいんですけどね。フジサンケイレディスでは初日良くて、2日目悪くて……。こうなるとダメとか、無理しちゃダメとか、自分のプレーをしなきゃダメだというのが分かりました」

 フジサンケイレディスは初日6位タイだったが、2日目、最終日とスコアを落として結局28位タイに終わり、自分を見つめ直すことができた。また、3月からは岡本綾子の門下生の森田理香子らと練習ラウンドを共にする機会があり、先輩プロからアドバイスをもらったり、ゴルフの話をすることでマネジメントなどの意識も高くなっている。

「明日も伸ばさなきゃいけないと思っているのですが、自分のプレーをして崩さずにやっていきたいです」

 残り2日間気負いなく戦う構えだ。

文・小高拓

ParOn.(パーオン)

トピックスRSS

ランキング