石川67位で予選通過、今田予選落ち、首位はB・トッド

ParOn.(パーオン) / 2014年5月17日 9時25分

首位に2打差の2位タイから2週連続優勝を狙うマーティン・カイマー HPバイロン・ネルソン選手権(2014)(2日目) 写真・Getty Images

HPバイロン・ネルソン選手権(5月15~18日、米国テキサス州・TPCフォーシーズンズリゾート、7166ヤード、パー70)

 現地時間16日に行われた大会2日目。ブレンドン・トッドが通算8アンダーで単独トップ。石川遼は1オーバーの67位で予選通過、今田竜二は6オーバーで予選落ちとなった。

 石川遼は、1番バーディでスタートすると、6番、7番の連続バーディなど前半で二つ伸ばし、後半は出入りの激しいゴルフとなってスコアを伸ばせなかったが、6バーディ、4ボギーの68で回り、通算1オーバーの67位タイで予選通過を果たした。

 一方の今田竜二は、1バーディ、3ボギーの72と伸ばせず、通算6オーバーで予選落ちとなった。

 首位に立ったのはツアー未勝利のブレンドン・トッド。この日7バーディ、1ボギーの64と、6つ伸ばして通算8アンダーで2位に2打差をつけた。

 ポール・ケイシー(英)がインを1イーグル、6バーディの27で回り、7つ伸ばして63、通算6アンダーでマーティン・カイマー(独)、マイク・ウィア(カナダ)、チャールズ・ハウエルIIIなど、8人が並んだ2位タイグループにつけた。

 地元出身のジョーダン・スピースは67で回り、通算3アンダーの19位タイに浮上。初日首位のピーター・ハンソン(スウェーデン)は、73と3つ落として通算2アンダーの25位タイに後退した。

 また、初日2位タイと好スタートを切ったデビッド・デュバルは76と崩れ、通算2オーバーで1打足らず予選落ちとなった。

ParOn.(パーオン)

トピックスRSS

ランキング