H・ステンソンが首位、E・ペッペレルと通算13アンダーで並ぶ!

ParOn.(パーオン) / 2014年6月1日 13時49分

母国での初優勝を狙うH・ステンソン ノルディアマスターズ(2014)(3日目) 写真・Getty Images

ノルディアマスターズ(5月29~6月1日、スウェーデン・PGAスウェーデンナショナル、7390ヤード、パー72)

 世界ランク2位のヘンリク・ステンソンが猛チャージ! 1イーグル、7バーディ、1ボギーでこの日スコアを8つも伸ばし、通算13アンダーをマークした。ホームトーナメントでの悲願の初優勝に向け、残すは最終日のみとなった。

「大勢のギャラリーはすごかったよ。しばらく地元ファンの前でプレーしていなかった。このようないいプレーができたのは、本当にファンのサポートを受けていると感じているから。明日は楽しみたいし、残り9ホールで優勝を目指し、ファンのために勝ちたい」

 というステンソン、大勢の地元ファンの声援に後押しされての好プレーだった。続けて、明日に向け、改めてこう意気込んだ。

「勝てれば最高でしょう。昔から母国スウェーデンで勝ったことがありません。だから、ボクのゴルフ人生において、是非、地元で優勝したいと思っています。明日はそのチャンスがありそうですが、まだまだ道のりは長いし、いい選手がたくさんいますからね。明日は自分のゴルフを貫き、問題が起きても逃げないことです」

 そんなステンソンと同じく、通算13アンダーのエディ・ペッペレル(イングランド)はこういう。

「ヘンリク(・ステンソン)はボクと首位タイなので、明日は最高の日になるでしょう。でも、ボクは自分のゴルフに集中し続けるだけで、これまでどおりのプレーをします。そうすれば、最後には勝てるでしょう。楽しみです」

 首位の2人を1打差で追うのが、通算12アンダーで3位タイのスティーブン・ギャラハー(スコットランド)とアルバロ・キロス(スペイン)。単独5位の通算11アンダーにはビクター・デュビッソン(フランス)がいる。

文・秋山義和

ParOn.(パーオン)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング