第1ラウンド終了、今田竜二82位タイ、首位はB・クレイン

ParOn.(パーオン) / 2014年6月7日 0時24分

フェデックスセントジュードクラシック(6月5~8日、米国テネシー州・TPCサウスウインド、7239ヤード、パー70)

 現地時間6日、日没サスペンデッドとなった初日の残りが早朝に行われ、順位が確定した。

 大会2日目、日没サスペンデッドとなった初日の残りのプレーが早朝に行われ、全選手がホールアウトした結果、今田竜二は1オーバーの82位タイとなった。

 単独首位はベン・クレインの7アンダー。2位にザック・ジョンソンの6アンダー、5アンダーの3位タイに、デービス・ラブIII、ピーター・マルナティ、ケビン・キスナー、スチュアート・アップルビー(オーストラリア)の4人が並んだ。

 フィル・ミケルソンが3アンダーで10位タイ。ディフェンディングチャンピオンのハリス・イングリッシュは3オーバーの120位タイと出遅れた。

ParOn.(パーオン)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング