【中間速報】大山志保が前半を終えて首位キープ、2位に成田美寿々

ParOn.(パーオン) / 2014年6月7日 12時24分

ヨネックスレディス(6月6~8日、新潟県・ヨネックスCC、6337ヤード、パー72)

 大会2日目、大山志保が前半を終えて、7アンダーの暫定単独トップ。6アンダーの暫定2位には、9番を終えた成田美寿々とナダエ(韓国)、インスタートの8番を終えたアンソンジュの3人。

 大山は1番バーディでスタートすると7番もバーディで二つ伸ばして、通算7アンダーで前半を終え、首位をキープ。

インスタートのアンソンジュが17番のイーグル、2度の連続バーディなど8番を終えて7つ伸ばし、6アンダーで、前半を終えた成田美寿々とナダエと並び暫定2位タイにつけた。

 倉田珠里亜は、前半を終え5アンダーで、原江里菜、姜秀衍(韓国)、飯島茜、菊地絵理香と並んで暫定5位タイにつけている。

 4アンダー暫定10位には、諸見里しのぶ、藤田幸希、テレサ・ルーら6人、平野ジェニファーは二つ落として、イボミ(韓国)、吉田弓美子らと並んで3アンダーの暫定16位タイに後退した。

 横峯さくらは16番を終え、2アンダーの暫定25位タイ、前年度優勝の表純子は、14番を終えて、1アンダーの暫定33位タイにつけている。

ParOn.(パーオン)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング