【コメント集】高山忠洋「恐ろしいコースですよ」

ParOn.(パーオン) / 2014年6月7日 22時22分

78と崩れて3位タイから16位タイに後退した高山忠洋 日本プロゴルフ選手権大会 日清カップヌードル杯(2014)(3日目) 写真・村上航

日本プロゴルフ選手権大会 日清カップヌードル杯(6月5~8日、兵庫県・ゴールデンバレーGC、7233ヤード、パー72)

李京勲(2位タイ、6バーディ、2ボギーの68、通算7アンダー)
「今日はパターが良かったです。ティショットが難しかったですが、難しいパーセーブができて、バーディチャンスも取ることができました。明日はセカンドショットでチャンスを作ってバーディトライをしたいです。2年も遠ざかっているので優勝したいですね」

宮里優作(5位、4バーディ、3ボギーの71、通算3アンダー)
「前半9番で雨が来てしまって難しくなりました。その後はうまく回っていたと思います。ショットはもう一つでした。後半しり上がりに良くなってきましたが……。明日は最低でも5位以内に入りたいので、それを目標にしっかりアンダーパーで回れればいいかなと思います」

高山忠洋(16位タイ、2バーディ、4ボギー、2ダブルボギーの78、通算1オーバー)
「(昨日と違って)ショットが曲がっていたんで、スタートホールでいきなり大ファールやっちゃったし。朝は小雨が降って曲がってしまった。晴れてきてから感覚も戻ってきたけど……、恐ろしいコースですよ。明日はどこまで巻き返せるか分からないですが、頑張りたいです」

大田和桂介(37位タイ、6ボギー、2ダブルボギーの82、通算4オーバー)
「最終組で緊張したけど、ゴールデンバレーの風にすべてハマった感じです。自分のゴルフが一切できず、やっていて自分じゃない感じ……。昨日とは違って悪い流れを断ち切れなかったです。これだけ打ってしまったので明日は結果は二の次で開き直っていきます」

ParOn.(パーオン)

トピックスRSS

ランキング