3日連続サスペンデッド、今田竜二は暫定62位、首位はB・クレイン

ParOn.(パーオン) / 2014年6月8日 10時48分

5アンダーの暫定11位タイにつけているフィル・ミケルソン フェデックスセントジュードクラシック(2014)(3日目) 写真・Getty Images

フェデックスセントジュードクラシック(6月5~8日、米国テネシー州・TPCサウスウインド、7239ヤード、パー70)

 現地時間7日に行われた大会3日目。第2ラウンドの残りを終えてから第3ラウンドが開始されたが、悪天候による中断などでまたも日没サスペンデッドとなった。

 今田竜二はインスタートで10番ボギーが先行、12番でバーディを奪うも続く13番をボギー、さらに17番もボギーとしたところで中断となり、通算2オーバーの暫定62位タイに後退した。

 初日から首位を守っているベン・クレインは、1番バーディでスタートし、6番までプレーを終え、通算13アンダーまで伸ばして首位をキープしている。

 暫定2位につけたのは、1番、6番をバーディとして通算9アンダーまで伸ばしたトロイ・メリット。ピーター・マルナティが8アンダーの暫定3位。レティーフ・グーセン(南アフリカ)、カミロ・ビジェガス(コロンビア)、ビリー・ホーシェルの3人が通算7アンダーの4位タイ。

 マット・エブリー、アンドリュー・スボボダら4人が6アンダー暫定7位タイ。フィル・ミケルソンは5アンダーでポール・ケイシー、ティム・クラーク(南アフリカ)らと並んで11位タイグループにつけている。

ParOn.(パーオン)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング