今季2勝目の成田美寿々、メジャーの全米、全英の次の目標は…!?

ParOn.(パーオン) / 2014年6月8日 19時41分

全米女子オープン、全英女子オープンでも結果にこだわるという成田美寿々 ヨネックスレディス(2014)(最終日) 写真・鈴木祥

ヨネックスレディス(6月6~8日、新潟県・ヨネックスCC、6337ヤード、パー72)

 単独首位で最終日を迎えた成田美寿々。2位と1打差の首位で迎えた最終18番で、パーパットを沈めれば勝利の場面で、さすがに緊張が走った。

「面白いくらいに気が緩みましたね。緊張していたけれど、下りのスライスでゆるんだら入らないと分かっていました。強めに打つとダメなのは分かっていたので、そう思ったら気が緩んでしまって…」

 ここでボギーをたたいた成田のスコアは通算8アンダー。同組で回った大和笑莉奈と大山志保も8アンダーで並び、勝負はプレーオフへともつれ込んだ。

「プレーオフでティグラウンドに立ったら、キャディさんに『お前はもう死んでいるから思い切って楽しんでやってこい』と言われました」

 これで吹っ切れた成田は1ホール目で3メートルのバーディパットを沈めて今季2勝目を手にした。

 成田は2週間後に全米女子オープン出場を控えているが、海外メジャーは初挑戦だ。今回の優勝でいい流れは作れていると自負する。

「もう一段、しっかり自分に自信をつけられたと思います。全米女子オープンも全英女子オープンも、出るだけでは終われません。きっちり上位争いをして、最低でも来年の出場権(15位以内)を確保することが目標です。リオデジャネイロ五輪もあるので、世界ランキングはチェックしています」

 今は寝ても覚めても目の前の目標を達成することだけに集中している成田。最近は体のことも考え、早く寝ることを心がけ、携帯のスマートフォンを触る時間も減ったという。それくらいゴルフに集中できているし、その先の目標も明確だ。

「次は来年のクラフトナビスコに出場することを目標にしようと父と話しました。賞金ランキング2位なら出場できるので、そこを目標にしていこうと思っています」

 今季3勝目も早々に達成するのではないかと思わせてくれる成田のゴルフ。その先には賞金女王のタイトルもチラつくが、今の成田の勢いがあれば決して果たせない夢ではないだろう。

大和笑莉奈のコメント
「初めてのプレーオフでしたが、緊張はしなかったです。プレーオフの最後のパットは真っすぐかと思ったけど、結構切れましたね。しょうがないです。今日はずっとバーディを取ろうとしたけど、なかなかパッティングがうまくいかなくて、流れをつかめず苦しい展開でした」

大山志保のコメント
「美寿々ちゃんがまさかあのパットを外すとは思っていなかったので、プレーオフは考えていませんでした。今日は3パット2回がもったいなかったです。どちらもしっかりと、打ちたいところへ打てていたので残念だけど……。ショットもアイアンもアプローチも良かったので、あとはパッティングが決まればもう一段階上にいけると思います」

ParOn.(パーオン)

トピックスRSS

ランキング