61で回った朴仁妃が逆転優勝! 野村45位、上原67位

ParOn.(パーオン) / 2014年6月9日 9時44分

最終日10バーディノーボギーの61をマークして逆転優勝を飾った朴仁妃 マニュライフファイナンシャルLPGAクラシック(2014)(最終日) 写真・Getty Images

マニュライフファイナンシャルLPGAクラシック(6月5~8日、カナダ・グレーサイロGC、6330ヤード、パー71)

 現地時間8日に行われた大会最終日。61のビッグスコアを出した朴仁妃(韓国)が通算23アンダーで逆転優勝。クリスティ・カーも63と8つ伸ばし2位に入った。野村敏京は6アンダーの45位タイ、上原彩子は2アンダーの67位タイに終わった。

 15アンダー首位のフォンシャンシャン(中国)は、最終日68と3つ伸ばして通算18アンダーとしたが、2位スタートの朴が10バーディ、ノーボギーの61をマークし、通算23アンダーまで伸ばして逆転。初日こそ3バーディ、1ボギーで2アンダーの朴だったが、2日目からはボギーをたたかずに66、65、そして最終日は61という自身の1ラウンド9アンダーを更新する10アンダーをマークし、ツアー通算10勝目を飾った。

 2位には8バーディ、ノーボギーの63、通算20アンダーのクリスティ・カーが入り、3位にはフォンシャンシャン。ミッシェル・ウィーは15アンダーで、ステーシー・ルイスと並んで6位タイに終わった。

 野村は2バーディ、1ボギーの69、通算6アンダーで45位タイ、上原は1バーディ、ノーボギーの70、通算2アンダーの67位タイで大会を終えた。

ParOn.(パーオン)

トピックスRSS

ランキング