アンソンジュ今季3勝目! 賞金ランクもトップに

ParOn.(パーオン) / 2014年6月15日 17時55分

早くも今季3勝目を挙げ賞金ランキングもトップに立ったアンソンジュ サントリーレディスオープン(2014)(最終日) 写真・村上航

サントリーレディスオープン(6月12~15日、兵庫県・六甲国際GC、6511ヤード、パー72)

 大会最終日、首位タイスタートの工藤遙加はスコアを伸ばせず5位タイ。同じく首位タイから出たアンソンジュが66と伸ばし、2位に5打差をつける通算14アンダーで今季3勝目を挙げた。

 8アンダー首位タイでスタートしたアンソンジュは、出だし1、2番を連続バーディとすると、前半二つ伸ばしてバックナインへ。11、12番の連続バーディで後続を引き離し、さらに15番、17番でバーディを奪うと、7バーディ、1ボギーの66、通算14アンダーまで伸ばし、2位に5打差をつける圧勝で今季3勝目を挙げた。これで優勝賞金1800万円を獲得し、イボミを抜いて賞金ランキングでもトップに躍り出た。

 アンと同じ首位タイ最終組からツアー初優勝を目指した工藤遙加は、前半我慢のゴルフでパーを重ね、8番でボギーをたたくと後半もノーバーディ、1ボギーに終わり74、通算6アンダーの5位タイに終わった。

 2打差から逆転を狙った飯島茜が通算9アンダーで2位に入り、この日の誕生日を優勝で飾りたかった上田桃子は、二つ伸ばして通算8アンダーの3位。大江香織が通算7アンダーの4位タイとなった。

 アマチュアの森田遙さんが、通算4アンダーの9位タイに入り、2年連続ローアマを獲得。同じくアマチュアでは、柏原明日架さんが通算2アンダー15位タイ、勝みなみさんはイーブンパーの24位タイ、初日、2日目と4位タイの佐々木笙子さんは、3日目の80に続き76とこの日も伸ばせずに通算7オーバーの51位タイに終わった。

ParOn.(パーオン)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング