石川遼 好調なパッティングからリズムを作りたい

ParOn.(パーオン) / 2014年6月20日 13時42分

6番ホールでラインを読む石川遼 トラベラーズ選手権(2014)(1日目) 写真・Getty Images

トラベラーズ選手権(6月19~22日、米国コネティカット州・TPCリバーハイランズ、6854ヤード、パー70)

 3週間ぶりのツアー復帰となった石川遼は、2バーディ、2ボギーの70で回り、イーブンパーの76位タイ発進となった。

 インスタートの13番(パー5)、この日初めて手にしたドライバーで右の池に入れたが、4打目を30センチに寄せてパーセーブ。

「打った感触は悪くなかった。3打目でグリーンを狙える距離だったので、(池に入れた)ショックとしてはそんなになかった。左がOB、右が池でティショットが難しいホール。思い切って振ったのが、右にちょっと入ってしまった感じ」

 それでも、ドライバーの状態には手応えをつかんでおり、今日もうまくフェアウエーに打てていた。グリーン上ではラインも読め、タッチも合っており、パッティングの調子はいい。あとは、ショートゲームでピンを攻めることができれば、チャンスも広がりそうだ。

「アイアンがまだ自信をもって打てていなかった、狙ったところに行くのかな? という感じだったけど、最後の方は狙ったところに飛んでる感じはあった。アイアンの調整を少し、あとはバランスよく明日に向けて、という感じです」

 この2週間は、宮里美香とラウンドするなど、リフレッシュもできたようだ。

「(ブランクの影響は)思いのほかなかった、いつも2週空くと初日は嫌だけど、ダラーっと過ごすのではなく、一流の人とプレーできて、引き締まったプライベートのラウンドもできてすごくよかった」

 このところは、初日に出遅れて2日目以降に巻き返すパターンが多い石川。

「アプローチで寄らなくてもパッティングでカバーできると、アプローチもミスを怖がらずに狙っていける。リズムはパッティングから生まれるのかな、と思う」

 好調なパッティングからリズムを作り、アイアンの精度が増していけば、さらなる好スコアが期待できそうだ。

今田竜二のコメント(1バーディ、4ボギー、3オーバー 135位タイ)
「(ショットが)練習場でできていたことが、試合になるとまったくできなかった。僕の中では期待してスタートしたんだけど。(パターも)相変わらず全く入らない。午後スタートでグリーンがボコボコ。短いパットを二つ、3つ入れていれば、まだまだチャンスがあったと思うが、明日は長いパットをどんどん入れていかないといけない」

ParOn.(パーオン)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング