藤田光里 悔しいけど、今日の目標は3つ達成!

ParOn.(パーオン) / 2014年6月22日 17時26分

初優勝を逃したのは悔しいが3つの目標を達成して満足だという藤田光里 ニチレイレディス(2014)(最終日) 写真・鈴木祥

ニチレイレディス(6月20~22日、千葉県・袖ヶ浦CC新袖C、6584ヤード、パー72)

 首位の申ジエと4打差でスタート。一時は申に並びトップに立った藤田光里。12番ホールでダブルボギーをたたくと、その後は申の独走を許してしまった。

「緊張はなかったのですが、12番でダブルボギーをたたいてから、空気が重くなったというか……。気持ちを引きずらないようにしていたのですが、攻めるゴルフはできなくなってしまいました。悔しいです」

 昨年のプロテストに合格、年末のファイナルQTで1位となり、今季より本格参戦しているルーキーの藤田だが、スタジオアリス女子オープン、ワールドレディスチャンピオンシップサロンパスカップに続いて、早くも3度目の最終日最終組となった。

「今日で3回目なので、最終組でも緊張しなくなりました。それに、ボギーやダブルボギーを打っても落ち込まなくなりました。今日は、一度は首位に並べたし、アンダーパーで回ることができたし、今までの最高順位で終われた。3つ目標を達成することができたので、私自身としては満足のいく一週間でした」

 初日、1オーバー、23位タイと出遅れ、2日目、最終日と、ショットの調子が良くない中、“元・世界女王”と優勝争いを演じられたことは、また一つ大きな経験になったに違いない。

文・武井真子

ParOn.(パーオン)

トピックスRSS

ランキング