T・ウッズ、丸山茂樹らがホワイトハウスを訪問

ParOn.(パーオン) / 2014年6月25日 14時19分

タイガー・ウッズを激励するオバマ大統領(右) 写真・Getty Images

 現地時間24日、米国ワシントン州にあるホワイトハウスで、オバマ大統領主催のパーティーが行われ、ゴルフの米国選抜と世界選抜(欧州を除く)の対抗戦、2013プレジデンツカップで、世界選抜の副主将を務めた丸山茂樹や、米国選抜のタイガー・ウッズ、フィル・ミケルソンらが出席した。

 ウッズは、「以前、ホワイトハウスを訪問した際に、オバマ大統領は、統合参謀本部とのミーティングの直前にもかかわらず、スポーツについていろいろ話す時間を設けてくださった。統合参謀本部の方々をお待たせしていたため、お先に失礼させていただくべきか申し上げたが、それでも彼は話を続けたがっていたので、申し訳ない気持ちになった覚えがある」と、笑いながら語った。
 一方、オバマ大統領は、バンカーからの打ち方についての「エクセレントなコツ」を教えてくれたフィル・ミケルソンに感謝の気持ちを伝え、「これでバンカーから脱出できれば、最低でも2、3打は削れるようになると思う」と、短いセレモニーを締めくくった。

 なお、ウッズは今週のクイッケンローンズナショナルで、約3カ月ぶりにツアーへ復帰。また、丸山茂樹は、来週開催される長嶋茂雄 INVITATIONAL セガサミーカップゴルフトーナメントに大会ホストとして今季初出場の予定。同大会には、石川遼、松山英樹も出場予定だ。

ParOn.(パーオン)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング