【コメント集】宮里美香「ビッグスコアさえという内容だった……」

ParOn.(パーオン) / 2014年6月30日 11時43分

ウォルマートNWアーカンソー選手権(6月27~29日、米国アーカンソー州・ピナクルCC、6389ヤード、パー71)

野村敏京(31位タイ、5バーディ、1ボギーの67、通算4アンダー)
「3日間ともショットがよかったです。次週は休みなので、4アンダーで上がって気持ち的にはいいですね。(インスタート)18番で長いバーディパットが決まって(1番、2番と3連続バーディ)手応えがありました。(今季前半を振り返ると)初めてアメリカに来たときよりもすごく成績もいいし、ゴルフが全体的に成長しているし、自分の中ではよく頑張ったと思います。次戦は休み、ここで1週間練習して全英へ向かいます」

宮里美香(54位タイ、3バーディ、3ボギーの71、通算1アンダー)
「前半からバーディが先行といいゴルフだったんですが、インスタートの14番で3パットのボギーから、流れを変えようとずっと我慢のゴルフになりました。でも、パットさえ決まれば本当にビッグスコアさえ出たんじゃないかという内容だったので、ちょっと悔しいです。今日はだいぶ攻めたと思いますが、グリーンが重たくて、結構打ったつもりでもショートしたりということが多かったです。次戦の全英は一度回ったことのあるコースですし、前回悔しさの残る大会だったので、そのリベンジができればいいなと思ってます」

宮里藍(1打足らずの予選落ち、通算1オーバー)
「最後18番のバーディパットを決めたかったですが、それ以上にこの2日間で15個以上のバーディチャンスがあり、その中で一つでもは入ってくれれば流れが変わったかと思います。自分のゴルフのフィーリング自体は悪くないので、しっかりとパットの調子を上げて全英に入れるように、いい1週間を過ごしたいと思います。ロイヤルバークデールでは2回試合もやっていて、コースもよく知ってしますし、天候次第ではいくらでも難しくなるコースなので、それに備えてしっかり準備をしていきたいです」

有村智恵(予選落ち、通算4オーバー)
「ショットは徐々に明確になってきているんですけど、小技の部分でまだイメージが出て切れてないので、そこがまだまだだと思ってます。ショットがほとんどピンにからんでくれてチャンスは多かったですが、外して外してやっと14、15番で連続バーディ。そのあと16番で3連続行けるかと思ったんですが、これが決まらなくて悔しかったです。全英は資格がないので予選会に出なければならず、少し早めに向かって向こうで練習します」

ParOn.(パーオン)

トピックスRSS

ランキング