横峯さくら 今日の目標はTODAY ナンバーワン!

ParOn.(パーオン) / 2014年7月4日 17時25分

初日は“TODAY ナンバーワン”という目標を達成した横峯さくら 日医工女子オープン(2014)(1日目) 写真・鈴木祥

日医工女子オープン(7月4~6日、富山県・八尾CC、6454ヤード、パー72)

「久しぶりに(記者会見場のイスに)座りましたね」

 横峯さくらが今季初めての首位に立った。

 大会コースレコードタイとなる65と、久し振りのすっきりとしたラウンドは、もちろん全米女子オープン7位が自信になっている。

「(全米女子オープンで)フルショットしないとダメだと改めて実感したんです。このところインパクトで緩んでしまったり、いいリズムで振れなかったり、セーフティーにいこうと考えすぎていたり……。でも、ピンの左、ピンの右と決めたらあとはターゲットに向かって振るだけ。シンプルに考えられるようになりました。今日はセカンドショットでフルショットしていい距離に、ドライバーが打てたことが大きかったです。もちろん、しっかり打ったり短く持ったり臨機応変にするところはありましたが、それがかみ合った感じです」

 その結果、18ホールのすべてでパーオン。ドライバーからピッチングウェッジまで、100ヤードより長い距離はすべてフルショットすることで少しミスしても大きなトラブルにはならなくなったという。

 そして、今日、昨年のサイバーエージェントレディスから約1年ぶりに、初日首位に立ったのは、スタート前から狙っていたという。

「今日は主人(メンタルコーチを務める森川陽太郎氏)と“TODAY ナンバーワン”という目標を立てました。実は先週(アース・モンダミンカップ)の土日も同じく、その日の一番になろうという目標設定をしていたのですが、達成できませんでした。最初はちょっと目標設定として高すぎるかな、と思ったのですが、目標設定は高くして、そうすると欲が出るので、“OKライン”を下げて対処していく、ということを目指しているので、納得しました。明日、明後日とまた“TODAYナンバーワン”を達成できるようにゴルフをしていけば優勝できると思いますから」

 と今季初優勝、そしてミセス初Vに向かっての好スタートに、

「今、ゴルフが楽しいです」

 と笑顔で会見場を後にした横峯を“よかったね!”と出迎えた森川氏。

 再び海外メジャーで優勝争いを演じるための二人三脚、歩調はピッタリだ。

文・武井真子

ParOn.(パーオン)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング