【中間速報】前半終了、横峯さくら2打差2位、首位はジョンヨンジュ

ParOn.(パーオン) / 2014年7月6日 12時23分

日医工女子オープン(7月4~6日、富山県・八尾CC、6454ヤード、パー72)

 大会最終日、最終組の横峯さくらが通算12アンダーで前半を終了し、2打差の暫定2位につけた。首位の若林舞衣子は2位タイに後退、ジョンヨンジュ(韓国)が通算14アンダーで首位に立った。

 横峯さくらは7番からの3連続バーディで通算12アンダーで前半を終え、首位に2打差の暫定2位タイにつけている。

 若林舞衣子は1番バーディでスタートしたものの、9番をボギーで前半を終了。通算12アンダーのままで暫定2位に後退。

 2位スタートのジョンヨンジュは2、3番連続バーディと7番、9番のバーディで4つ伸ばし、通算14アンダーで前半を終え、2打差の首位に立った。

 藤田光里が1番イーグルでスタートすると7番からの4連続バーディなど、13番を終えて通算11アンダーまで伸ばして暫定4位に浮上している。

 また、斉藤愛璃が1番バーディスタートで、8番からの3連続バーディ、さらに13番、16番もバーディで、16番を終えて通算10アンダーの暫定5位タイに浮上している。

ParOn.(パーオン)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング