今季初メジャーとなるT・ウッズが、HIDEKIに興味アリ!?

ParOn.(パーオン) / 2014年7月17日 16時32分

タイガー・ウッズはヒデキ・マツヤマに興味がある!? 全英オープン(2014)(事前情報) 写真・村上航

全英オープン(7月17~20日、英国・ロイヤルリバプールGC、7312ヤード、パー72)

 今季自身初のメジャー、全英オープンに挑むタイガー・ウッズ。その大会前の記者会見上で、ジャック・ニクラス、アダム・スコット、そしてフィル・ミケルソンに続き、ヒデキ・マツヤマについてこんな言葉を口にした。

「彼の未来はとても明るいと思う。メモリアル(ザ・メモリアルトーナメント)で勝って、昨年のファイアーストーン(WGC-ブリヂストンインビテーショナル)で、実際に一緒にラウンドして、いいプレーをしていた。彼はいろんなプレーを知っている。それに彼は若い。まだまだ伸びしろがたくさんある。今はうまくなるだけしかない。いろんな才能がある。今後、彼がどうなるのか、皆さんで見ていきましょう」

 ウッズが自発的に話をしたのではなく、もちろん記者からの質問に応じたものではあるが、これだけ話すということは、彼にとって松山は興味深い選手の一人なのだろう。

「さっきロリーに、ヒデキ・マツヤマについての話をちょっと聞いた。昨年の全英オープンで、ロリーは彼と予選ラウンドを一緒に回っているからね。ロリーがいうには、ショットが素晴らしいし、飛ぶ。そして彼は、これから出てくる若い選手の次の世代だと。マツヤマは(当時)21歳。ロリー(当時24歳)が今では若い選手ではない(苦笑)」

 と、昨年、一緒にラウンドしたWGC-ブリヂストンインビテーショナルの大会前に、友人のロリー・マキロイに松山のリサーチもしている。そして、メモリアルでの勝利。ウッズにとって、松山は注目する若手選手の一人であることは間違いなさそうだ。

 なお、自身の現状について、ウッズは次のように述べている。

「徐々によくなっている。コングレッショナル(クイッケンローンズナショナル)でプレーしたのは、私にとってすごく大きかった。それは会場に行けて、痛みがない状態でラウンドできたこと。前回プレーしたホンダ(ザ・ホンダクラシック)とドラル(WGC-キャデラック選手権)ではいい状態と感じていなかった。だが、ツアーに復帰し、以前のように強くボールをたたくことができる。前回より体が強くなった」

文・秋山義和

ParOn.(パーオン)

トピックスRSS

ランキング