アマ旋風の立役者の一人、永井花奈さんが首位と3打差!

ParOn.(パーオン) / 2014年7月18日 2時52分

永井花奈さんが首位と3打差の3位タイ! 写真・秋山義和

 アマチュア旋風が吹き荒れている今年の日本女子ツアー。その立役者の一人、永井花奈さんが米国を舞台に今週、世界一の座を目指している。

 キャロウェイ世界ジュニアゴルフ選手権(7月15~18日、米国・トーリーパインズほか)の予選ラウンドを終え、永井さんは通算6アンダーの3位タイにいる。首位タイで2日目をスタートしたが、4バーディ、2ボギーの2アンダーでやや後退し、首位と3打差だ。

「最後がバーディだったのはよかったです。はじめに二つ落とし、その後4つ上げて通算6アンダー。今日はインスタートで、何度か回っていますが、やはりインのほうがスコアを作りづらいかなというのが、自分の感じです。インは距離が若干あるので、風が吹くと長くなり、セカンドでグリーンを直接とらえるボールを打ちたくないというのがあるので、そういうところが難しいと感じています」

 インが終わり、アウトに入った永井さんは4バーディを奪った。

「後半があるので、前半ダメでも盛り返せると思っていました。後半伸ばせたのも、ロングが2回あると分かっていましたから。今日は最初のほうで粘れて、ずっとパーできたので、最後はいい流れでいけました」

 と、今日のラウンドを振り返った永井さんは、明日に向けてこう言葉を続けた。

「初日の首位をキープしていこうとか、スコアをどんどん伸ばしていこうという気持ちより、今回は4日間あるので、まずは最初の2日目が終わったという気持ちが強いです。最終日のペアリングで最終組にいられればいいな、というイメージはありました。今は、一つでもスコアを伸ばせればいいなと思い、貯金があるっていう感じです」

 今回、国内では常に帯同している父・利明さんが初めて海外の試合についてきている。父に捧げる世界一となるのだろうか。期待したい。

文・秋山義和

ParOn.(パーオン)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング