超地元の渡邉彩香「この大会はメジャー!」

ParOn.(パーオン) / 2014年7月23日 19時8分

初代女王を目指すと意気込む渡邉彩香 センチュリー21レディスゴルフトーナメント(2014)(事前情報) 写真・佐々木啓

センチュリー21レディスゴルフトーナメント(7月25~27日、静岡県・伊豆大仁CC、6531ヤード、パー72)

 今季前半戦でブレークした選手の一人として、現在賞金ランキング8位の渡邉彩香の名前を上げるファンは多いのではないか? ツアー初優勝に加え、全米女子オープン、全英リコー女子オープンにも出場。全英では29位タイでフィニッシュし、大きな収穫持って帰国した2戦目。今週は熱海出身の渡邉にとって、自宅から20分の超地元での大会となる。

「みんなが応援に来てくれるので頑張りたいです。このコースはプレーはしたことはあります。比較的広いコースですし、2グリーンで小さいですけど、乗せればバーディチャンスになると思います」

 実際コース入りした渡邉はコース関係者や、地元関係者から「頑張りなよ!」とエールを送られることが多く、挨拶にも忙しい様子。超地元だけに結果を残したいところだろうが、シーズンスタートが良かっただけに、最近のプレーには納得の表情を見せない。

「ここ最近優勝争いに絡めていないのがちょっと……。これを機にもっと上にいければと思っています」

 海外メジャー2大会で得た自信と課題は多い。大応援団の声援も力にして2勝目といきたいところだろう。

「海外でもドライバーは飛ぶほうだとは思いましたが、特別飛ぶわけではないなと思いました。もっともっと飛距離を出したいです。ショットの調子も悪くないですし、とにかく残りのシーズンも休みなしでいけるところまでひた走ります! 今週は地元ですし、第1回大会なので初代女王目指します。私の中ではメジャーくらいの勢いでやりたいと思います!」

 生まれ育った地元で培った世界標準のパワーとショット力。海外メジャーの経験を生かし、新規大会の「地元メジャー」でVを飾れるのか!? 初日は最注目の組、森田理香子と成田美寿々と10時10分にティオフする。

文・高桑均

ParOn.(パーオン)

トピックスRSS

ランキング