松村道央 生まれてくる長男に2勝目を!

ParOn.(パーオン) / 2014年7月29日 22時25分

ニュードライバーを武器に今季2勝目を手に入れたい松村道央 ダンロップ・スリクソン福島オープンゴルフトーナメント(2014)(事前情報) 写真・村上航

ダンロップ・スリクソン福島オープン(7月31日~8月3日、福島県・グランディ那須白河GC、6961ヤード、パー72)

 今季ツアー開幕戦のインドネシアPGAチャンピオンシップで優勝を飾った松村道央。来月にはパパになる予定だが、その前にぜひ、もう1勝を挙げておきたいという。

「妻(香織夫人)が妊娠していることを知って、最初のトーナメントがインドネシアPGAチャンピオンシップだったんです。おそらく今大会が、妻が出産する前の最後の試合になると思うので、勝ちたいんですよね」

 と松村。そのために用意した秘密兵器が、タイトリストのニュードライバー〈915D〉だという。

「ソールにスリットが入ったことで、飛距離が伸びましたね。スピンが減るのでアゲンストでは吹き上がらず、フォローでもしっかりと風に乗るんです。ミスヒットがミスにならないところもいいですね。おそらく平均で3、4ヤードは飛距離が伸びたと思います」

 昨年のドライビングディスタンスは279.98ヤード(48位)だったが、今季は298.22ヤード(7位)と大幅に飛距離が伸びている松村。そこからさらに3、4ヤード伸びれば、300ヤードを越える計算になる。オープンウイークの間に十分に打ち込み、満を持しての登場となる新ドライバーだけに、スコアメークの大きな武器となるのは間違いない。生まれてくる子どもへの二つ目のプレゼントも夢ではなさそうだが、実は悩みが一つあるという。

「男の子だと分かっているんですけど、まだ名前を決めきれてないんですよね」

 さすがにそこまでは、新ドライバーでも解決は難しい!?

文・山西英希

ParOn.(パーオン)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング