【中間速報】午前組終了、手嶋多一は4位に後退、岩田寛ら3人が首位

ParOn.(パーオン) / 2014年8月1日 13時23分

ダンロップ・スリクソン福島オープン(7月31日~8月3日、福島県・グランディ那須白河GC、6961ヤード、パー72)

 大会2日目、午前スタート組がホールアウトし、岩田寛、タンヤコン・クロンパ(タイ)、永野竜太郎の3人が通算10アンダーで首位に並んだ。手嶋多一は通算9アンダーの暫定4位に後退している。

 単独首位からスタートした手嶋多一は、2バーディ、1ボギーの71と一つスコアを伸ばしただけにとどまり、通算9アンダーの暫定4位に後退した。

 この日8バーディ、ノーボギーの64をマークした岩田寛が、通算10アンダーで初日の23位タイから一気に首位に立った。同じく10アンダーの首位に、11番からの6連続バーディを含む9バーディ、2ボギーの65をマークしたT・クロンパと、6バーディ、ノーボギーの66で回った永野竜太郎が並んだ。

 矢野東が8バーディ、ノーボギーの64をマークして通算8アンダーの暫定5位タイに浮上。初日51位タイと出遅れた小田孔明が、7バーディを奪い、通算7アンダーの暫定6位タイに順位を上げた。

 同じく暫定6位タイに9バーディ、ノーボギーの63をマークした宮本勝昌、高橋竜彦、重永亜斗夢らが並んでいる。

 7位タイからスタートした宮里優作は、2番パー3で「8打」をたたいたのが響いて、通算3アンダーの暫定28位タイに後退している。

ParOn.(パーオン)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング