今田竜二60位タイで予選通過、N・ワットニーが首位をキープ

ParOn.(パーオン) / 2014年8月2日 11時51分

60位タイで2週連続予選通過を果たした今田竜二 バラクーダ選手権(2014)(2日目) 写真・Getty Images

バラクーダ選手権(7月31日~8月3日、米国ネバダ州・モントレーG&CC、7472ヤード、パー72)

 現地時間1日に行われた大会2日目。今田竜二は60位タイで予選通過、ニック・ワットニーが通算26ポイントで首位をキープしている。

 今田竜二は4バーディ、3ボギーの71で回り、5ポイントを獲得、通算9ポイントで60位タイとなり、先週のRBCカナディアンオープンに続いて2週連続の予選通過を果たした。明日以降の決勝ラウンドで上位進出を目指す。

 初日9バーディで18ポイントを獲得したニック・ワットニーは、5バーディ、2ボギーの69でホールアウト。8ポイントを加算し、通算26ポイントで首位をキープした。

 ジェフ・オーグルビー(オーストラリア)が1イーグル、2バーディ、2ボギーの70で、7ポイントを獲得、通算23ポイントと、首位に3ポイント差の2位となった。

 3位はウェス・ローチの22ポイント、4位はトミー・ゲイニーとティム・ウィルキンソン(ニュージーランド)の21ポイントと、上位は混戦模様で3日目を迎える。イーグル一つで5ポイントが加算されるため、順位が大きく変わることも十分予想される。

 各ポイントの配分は、ダブルイーグル(アルバトロス):10ポイント、イーグル:5ポイント、バーディ:2ポイント、パー:0ポイント、ボギー:-1ポイント、ダブルボギー以上:-3ポイント。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング