【中間速報】前半終了、T・クロンパが首位、太田直己が63をマークして2位

ParOn.(パーオン) / 2014年8月2日 15時3分

ダンロップ・スリクソン福島オープン(7月31日~8月3日、福島県・グランディ那須白河GC、6961ヤード、パー72)

 大会3日目、最終組が前半を終了し、タンヤコン・クロンパ(タイ)が通算13アンダーで単独首位に立った。暫定2位の12アンダーに9バーディで63をマークした太田直己。暫定3位の11アンダーには岩田寛、小田孔明、矢野東ら5人が並ぶ大混戦となった。

 最終組のタンヤコン・クロンパが3バーディで前半を終え、通算13アンダーで単独トップ。同じく岩田寛は1バーディで通算11アンダーの暫定3位タイ、永野竜太郎は2バーディ、1ボギーの通算11アンダーで岩田と同じ暫定3位タイ。

 暫定2位につけたのは、この日9バーディ、ノーボギーの63をマークした太田直己。初日の34位タイから大きくジャンプアップした。

 矢野東がインスタートの1番を終えて11アンダー、小田孔明もインからスタートし、3番まで終えて11アンダー。さらに小平智が1ホールを残して11アンダーと、最終組の岩田、永野を含めて5人が暫定3位タイに並んだ。

 通算10アンダーの暫定8位には、西裕一郎、木下稜介、高山忠洋、市原弘大の4人が並び、重永亜斗夢、山下和宏が通算9アンダーの暫定12位タイ。インスタートの手嶋多一は1番を終え、通算8アンダーの4人が並ぶ14位タイと、上位は大混戦となっている。

ParOn.(パーオン)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング