“夏女”の吉田弓美子が思い出の地でギアを上げる!

ParOn.(パーオン) / 2014年8月15日 19時12分

初優勝の地でアツく気合いを入れる“夏女”の吉田弓美子 NEC軽井沢72ゴルフトーナメント(2014)(1日目) 写真・村上航

NEC軽井沢72ゴルフトーナメント(8月15~17日、長野県・軽井沢72G北C、6555ヤード、パー72)

「アツくなってきましたよ!」

 初優勝を2012年の本大会で挙げ、ツアー通算4勝のすべてを夏に果たしている吉田弓美子。1イーグル、4バーディ、1ボギー、5アンダーの4位タイスタートに舌も滑らかだ。

 先週のmeijiカップで、4月のヤマハレディースで2位に入って以来、久しぶりのトップテン(10位タイ)入りを果たし、調子は上向き。夏になると燃える吉田が今季初優勝へ向けて気合十分のゴルフを展開した。

「先週からの流れでショット、パットともにいい感じでした。初優勝の会場ですし、思い入れもあるので、シード確定ラインに入るためトップテンを目標に来ましたけど、初日としてはよかったですね」

 2番でバーディが先行すると、4番では林の中からグリーンオン。ロングパットを沈めてバーディを奪った。6番では左の林から「フライヤーした」というセカンドショットがワンバウンドでピンに当たり3メートルに寄ってバーディ。極めつけは15番。ピッチングウェッジで放ったセカンドショットがそのまま入りイーグル。16番をボギーとしたものの、ツキも味方につけ、上々の滑り出しに満足の笑みがはじけた。

「ここはスコアが出るコースなので、一つ一つ丁寧にいけば今の状態なら優勝争いに加われる自信はあります。謙虚にいかず、しっかりと上を目指します」

 攻めのゴルフで今季初優勝を手繰り寄せたい吉田だが、実は伸ばし合いの展開はあまり好きではないという。

「そう思われがちですが、ガマン大会のほうが好きです。でも勝つにはバーディを取り続けるしかありませんので、ガンガンいきますよ」

 運も味方したのは確かだが、波に乗った時の吉田の気合の入り方はとことんアツい。夏女ぶりを存分に発揮して、涼しい軽井沢を吉田がアツくする!

文・高桑均

ParOn.(パーオン)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング