【コメント集】原江里菜「優勝が欲しいので頑張りたい」

ParOn.(パーオン) / 2014年8月15日 20時40分

ホステスプロの緊張も不安もある中で、優勝を狙っていくという原江里菜 NEC軽井沢72ゴルフトーナメント(2014)(1日目) 写真・村上航

NEC軽井沢72ゴルフトーナメント(8月15~17日、長野県・軽井沢72G北C、6555ヤード、パー72)

金ナリ(1位、9バーディ、2ボギーの65、7アンダー)
「ショットもパットもよかったです。休みの2週間、何が足りないかを考えてトレーニングしました。ピラティス(エクササイズ)で足をもっと強く。前はヨガをやっていて、ヨガはストレッチ、ピラティスはバランスとか全体的にインナーマッスルを鍛えるために。効果はあって、体がどんどん強くなったかなと思います。ショット、パットもいい感じをキープして明日も頑張ります」

渡邉彩香(4位タイ、1イーグル、4バーディ、1ボギーの67、5アンダー)
「16番パー5のイーグルは、レイアップして残り95ヤードのサードショットが入りました。クラブは52度。最終ホールもそうですけど、ロングホールで16番しか取れていないのが反省点です。それでも初日にしてはいいゴルフができたと思います。福嶋(晃子)さんとは2回目ですけど、前よりは緊張しなかったです。前半から福嶋さん、服部(真夕)さんに置いて行かれたけど、明日も回りたいから追いつこうと頑張って、結果的に同じスコアになれたのでよかったです」

服部真夕(4位タイ、5バーディ、ノーボギーの67、5アンダー)
「まず何よりノーボギーで回れたのが一番ですね。ショットより今日はパッティングがよかったかな。思ったところに打てていたし、7~8メートルのパットが多かったけど、カップの横を通っていくパッティングだったのでよかったと思います。明日は本当に伸ばし合いになるので、今日ロングで福嶋さん、彩香ちゃんがイーグルを取ったので、今シーズンはまだイーグルがないけど、取れると思うので、しっかり取って伸ばしていければ」

原江里菜(9位タイ、4バーディ、ノーボギーの68、4アンダー)
「前半はいい距離のパットが決まってくれて、1.5~2メートルを取りこぼすことなく上がっていく中で、バーディが取れ、一日の流れが作れたかなと思います。ホステスプロとしての緊張感はありましたし、昨日の時点であまり状態もよくなくて不安もありました。前半はパーオンできなかったけど、後半は最近のいい状態でのプレースタイルで回れたので、明日につながるかなと思います。位置的には伸ばして行かなければいけないし、優勝が欲しいというのもあるので頑張りたいです」

成田美寿々(9位タイ、4バーディ、ノーボギーの68、4アンダー)
「(今日は4アンダーで)ボギーがなかったのは、私としては100点あげたいぐらい頑張ったなと思います。ディフェンディングチャンピオンとして大会を迎えましたが、いつもと変わらず心の波風を立てずに行こうと。今日はそれができたと思います。大会連覇というのはやったことがないので、狙ってみたいです」

ParOn.(パーオン)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング