イ ボミ 駆け込みバーディで難を逃れて首位

ParOn.(パーオン) / 2014年8月16日 20時56分

間一髪で中断を逃れてホールアウトし、単独首位で今季3勝目に王手をかけたイボミ NEC軽井沢72ゴルフトーナメント(2014)(2日目) 写真・村上航

NEC軽井沢72ゴルフトーナメント(8月15~17日、長野県・軽井沢72G北C、6555ヤード、パー72)

 昼過ぎの軽井沢が急に闇に包まれた。18番をプレー中のイ ボミは、17番までに7つスコアを伸ばし首位に立っていたが、雲行きが怪しいと思い、セカンドショットを放った直後グリーンに駆け出した。

「いいタイミングで終わりましたね。最後めっちゃ走りましたよ! 雷注意もあったし、空が暗くなってきたので早く行かなきゃと思って、セカンドを打ってからスゴイ走りました(笑)」

 5メートルにつけたバーディチャンスを決めてこの日ベストの64をマークし、アテストに入った瞬間から大粒の雨が落ちた。首位でホールアウト、間一髪で中断を逃れたイが今季3勝目に王手をかけた。

「今日はショットもパットもよかったのでスコアが出ました。明日はフェアウエーキープして、守るところは守って、攻めるところは攻めていきます」

 4打差以内に16人がひしめく大混戦。リードを守り切り、キャンディスマイルを振りまくことができるか?

文・高桑均

【以下主な選手のコメント】

吉田弓美子(2位タイ、6バーディ、2ボギーの68、通算9アンダー)
「夏は私の時期だと自分自身に言い聞かせて、今日もコースに助けられたけど、明日もコースに一礼して、とにかく最後までいいゴルフができれば。目標は一日5個伸ばすと決めていたので、今日は一つ足りなかったけど、明日の目標は6つ。しっかり伸ばしていけるように頑張ります」

山城奈々(5位タイ、6バーディ、4ボギーの70、通算8アンダー)
「前半、何回も林に入っちゃってどうなるんだと思ったけど、アイアンは自信があったので、ティショットをコース内に収めておけば何とかなると思っていました。そしたら、バーディが4つ来て。後半はパットが入らなかったです。今日の目標はアンダーだったのでクリアできてよかったです。明日はパットを修正して思い切り攻めて、スコアを伸ばしていきたいです」

原江里菜(23位タイ、3バーディ、2ボギーの71、通算5アンダー)
「途中で中断が入ったけど、それまでの流れがよくなかったので、逆にいい休憩ができたかな。前半もチャンスはあったけど、もうちょっと早い段階で決まってくれればよかったかな。ショットはスタートのときからよかったので、あとはパッティングだけを調整します。明日は、とにかく上だけを見て、スコアを一つでも伸ばせるように頑張ります」

横峯さくら(第2ラウンドスタート前に右肩痛のため棄権)
「右肩が先週から痛くて、だましだましやってたけど、バックスイングするのも痛くて、とてもプレーできる状況じゃないので……、残念ですけど。原因は自分でも分からないので、これから病院へ行って診てもらいます。来週は状況を見ながらになると思います。長引かないことを祈りたいんですけど……」

ParOn.(パーオン)

トピックスRSS

ランキング