【中間速報】前半終了、大山志保が首位に浮上、原江里菜は2打差の3位

ParOn.(パーオン) / 2014年8月17日 11時8分

NEC軽井沢72ゴルフトーナメント(8月15~17日、長野県・軽井沢72G北C、6555ヤード、パー72)

 大会最終日、全選手が前半を終了し、最終組の大山志保が通算12アンダーで単独首位に立った。1打差の通算11アンダーの暫定2位には11番を終えた菊地絵理香、通算10アンダーの3位には17番まで終えた原江里菜、首位スタートのイボミ(韓国)ら6人が並んでいる。

 2打差の2位からスタートした大山志保が、前半3バーディを奪い、通算12アンダーで単独首位に立った。首位から出たイボミは1番ボギーでスタートし、前半を終えて通算10アンダーの暫定3位タイに後退。

 大山と同じ2位スタートの二人、吉田弓美子は通算10アンダーで暫定3位タイ、金田久美子は1バーディ、3ボギー、1ダブルボギーと崩れ、通算5アンダーの暫定29位タイに沈んだ。

 17番まで終えたホステスプロの原江里菜が5つ伸ばして、通算10アンダーの暫定3位タイに浮上。同じ暫定3位タイに11番を終えた金ナリ、インスタートの5番を終えたナダエの韓国勢と、12番を終えた藤田幸希が並んでいる。

 前年度のチャンピオン成田美寿々は、15番を終えて通算8アンダーで暫定14位タイ。5位タイスタートで前半を終えた笠りつ子、14番を終えた渡邉彩香、17番を終えた服部真夕も成田と並んで14位タイにつけている。

ParOn.(パーオン)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング