【今週の宮里藍】早めにコース入りして攻略プランも立てたのに……

ParOn.(パーオン) / 2014年8月18日 12時8分

早めのコース入りも結果につながらず2戦連続の予選落ちとなった宮里藍 ウェグマンズLPGA選手権(2014)(2日目) 写真・鈴木祥

今季メジャー4戦目、ウェグマンズLPGA選手権に出場しました。

 今年は新しいコース、モンローGCでの開催です。全長は6717ヤードでパー72、距離が長くてメジャーらしい手強いコースです。先週予選落ちをしてしまった藍ちゃんはコースに早めに入って早速練習開始。カギとなるのはパー5の攻略と考え、しっかりとプランを立てたのですが……、結果は厳しかった。

 初日は出だしの10番でボギー、そのまま悪い流れになってしまいました。グリーンが軟らかく攻めることができるコンディションなのに、藍ちゃんはうまく攻めきることができませんでした。特にパー5でバーディを取れなかったのが痛かった。

 初日は74の出遅れ、2日目の巻き返しに期待したのですが、風に惑わされることがしばしば。この日も出だしの1番でボギーにするとそのまま悪い流れで、75と取り戻すことができずに通算5オーバーで予選落ちになりました。2日連続の33パット。これはなかなか厳しいです。お父さんにアドバイスを仰ぎながら、そして直感を信じて打ってみるなど色々試していますが、結果につながらないまま時間が過ぎて行きます。藍ちゃんにとって厳しい苦悩の時間でしょう。

 ところで“ウェグマンズLPGA選手権”は今年が最後でした。来年からは米LPGAツアーとPGA・オブ・アメリカとの共催で新しい大会が始まります。

 藍ちゃんがこの大会に初めて出場したのは2006年、ルーキーの年でした。優勝争いに加わり結果は3位。メジャーに勝てる選手だなと実感したのを覚えています。あれから8年が過ぎました。何度もメジャーに手が届きそうになりながらもまだ勝っていません。だからまだ道半ば。今季のメジャーはもう1つ、エビアン選手権が残されています。

 しばらく連戦が続く藍ちゃん、次週はカナダのトロント郊外で開催されるカナディアン・パシフィック女子オープンに参戦します。

 リフレッシュして戻ってくる藍ちゃんに期待します。

文・武川玲子

ParOn.(パーオン)

トピックスRSS

ランキング