野村が日本人トップの14位、上原20位、宮里藍34位、有村81位、美香99位

ParOn.(パーオン) / 2014年8月22日 9時44分

大会3連覇を狙うリディア・コは首位に7打差の2アンダー34位タイで初日をスタート カナディアン・パシフィック女子オープン(2014)(1日目) 写真・Getty Images

カナディアン・パシフィック女子オープン(8月21~24日、カナダ・ロンドンハント&CC、6611ヤード、パー72)

 現地時間21日に開催されたカナディアン・パシフィック女子オープン。初日の日本選手では野村敏京が4アンダーで14位タイにつけた。上原彩子は20位タイ、宮里藍が34位タイ、有村智恵81位タイ、宮里美香99位タイ。大会3連覇を狙うリディア・コ(ニュージーランド)は2アンダーの34位タイ。

 野村敏京がインスタートの11番をバーディで先行すると、前半3バーディ、1ボギー、後半も3番、4番の連続バーディを含む3バーディ、1ボギーで回り68、4アンダーで14位タイにつけ、日本人5選手では最上位となった。

 上原彩子は1番バーディでスタートすると、前半3バーディ、1ボギー、後半2バーディ、1ボギーとスコアを伸ばし、69で回って3アンダーの20位タイにつけた。

 2戦連続で予選落ちを喫している宮里藍は、インからスタートし、11番でバーディ先行。13番のボギーで前半はイーブン、後半に入ると2バーディを奪い、70の2アンダーで34位タイとまずまずのスタートを切った。

 有村智恵は2バーディ、1ダブルボギーの72、イーブンパーの81位タイ、宮里美香は2バーディ、3ボギーの73、1オーバーの99位タイと出遅れた。

 柳 簫然(韓国)が10番からの3連続バーディを含む、9バーディ、ノーボギーの63をマークして、9アンダーで単独首位に立った。2位は崔 羅蓮(韓国)の8アンダー、3位はアンナ・ノードクビスト(スウェーデン)の7アンダー。

 大会3連覇を狙うリディア・コは3バーディ、1ボギーの70で回り、2アンダーの34位タイで初日を終えた。

ParOn.(パーオン)

トピックスRSS

ランキング