【中間速報】前半終了、森田理香子が首位を独走

ParOn.(パーオン) / 2014年8月23日 13時12分

CAT Ladies(8月22~24日、神奈川県・大箱根CC、6701ヤード、パー73)

 大会2日目、最終組が前半を終了し、森田理香子が通算8アンダーで、2位に4打差をつけて首位をキープ。イ ボミ(韓国)と山本薫里が通算4アンダーの暫定2位タイに並んでいる。

 ほとんどの選手がスコアを伸ばせない中、森田理香子は2連続バーディでスタートすると、3バーディ、1ボギーの34で前半を終え、通算8アンダーと伸ばし、2位以下に4打差をつける独走状態で首位をキープ。

 暫定2位の通算4アンダーには、最終組の山本薫里と一つ前で回るイ ボミの二人が並び、通算3アンダーの暫定4位には前半を終えた上田桃子がつけている。

 ディフェンディングチャンピオンのアン ソンジュ(韓国)が10番を終えて、通算2アンダーの暫定5位タイで、前半を終えたフェービー・ヤオ(台湾)と並んでいる。

 通算1アンダーの暫定7位タイには、15番を終えて二つ伸ばしたテレサ・ルー(台湾)と岡村咲(9番終了)、渡邉彩香(10番終了)の3人。14番を終えた藤本麻子が通算イーブンパーで暫定10位。

 以下、堀奈津佳が通算1オーバーの暫定11位タイ、原江里菜、服部真夕、藤田光里が通算2オーバーの暫定16位タイにつけている。

 なお、笠りつ子が右手首痛のため、ウェイ ユンジェ(台湾)が左足首痛のため、2ラウンド途中で棄権となった。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング