T・ウッズがコーチとの関係を終了

ParOn.(パーオン) / 2014年8月26日 9時12分

ショーン・フォーリーとコーチの契約を解消したタイガー・ウッズ(写真は全米プロゴルフ選手権1日目のもの) 写真・鈴木祥

 現地時間8月25日の朝、タイガー・ウッズが自身のHPでショーン・フォーリーとのコーチ関係が終了したことを発表した。

「コーチとして、友人としてのヘルプにとても感謝している。ショーンは今日のゴルフ界において、もっとも優れたコーチの一人。今後も彼は、選手とともに成功し続けるだろう。ボクの次の試合は、ボクが主催するワールドチャレンジ(米国フロリダ州オーランド)になるが、今、ショーンとのコーチングを終えるのがいい時期だと判断した」(ウッズ)

 これに対してフォーリーは、

「タイガーとのコーチングはボクの生涯の中でもっとも素晴らしい時間であり、この経験を共にできたことにとても感謝している」

 とコメントしている。

 気になるのはウッズの次のコーチだ。過去にブッチ・ハーモン、ハンク・ヘイニー、フォーリーにコーチを依頼し、次は4人目となる。「今後、新しいコーチを迎える時期については決めていない」とウッズはいうが、米メディアはハーモンがフィル・ミケルソン、リッキー・ファウラー、ジミー・ウォーカーのコーチで成功し、特に今季はファウラーがメジャーで活躍していることから「ブッチに戻るのでは?」とも推測している。ただし、これに対して、

「タイガーは電話をしてこないだろし、ボクもしない。タイガーは最高の選手だからコーチはいらない。レンジでボールを打てば大丈夫」

 とハーモンは否定している。

ParOn.(パーオン)

トピックスRSS

ランキング