2日目は日没サスペンデッド、藤田寛之が2位に浮上

ParOn.(パーオン) / 2014年8月29日 19時25分

4ホールを残して通算10アンダーで暫定首位をキープした金 亨成 アールズエバーラスティングKBCオーガスタ(2014)(2日目) 写真・鈴木祥

アールズエバーラスティングKBCオーガスタ(8月28~31日、福岡県・芥屋GC、7150ヤード、パー72)

 大会2日目は、降雨によるコンディション不良で2度の中断を挟み、午後スタート22組中19組、計56名がホールアウトできずに日没サスペンデッドとなった。金 亨成(韓国)が14番を終え、通算10アンダーで暫定首位をキープ。藤田寛之が15番を終えて通算7アンダーで暫定2位タイにつけている。

 初日首位でスタートした金 亨成が14番まで終えて、3バーディを奪い、通算10アンダーで暫定首位を守った。

 1アンダーの38位からスタートした藤田寛之が、15番を終えて6バーディを奪うと、通算7アンダーで暫定2位に浮上した。同じ暫定2位タイに、18ホールを終えた李 尚熹(韓国)、インスタートで4番を終えたK・T・ゴン(韓国)が並んでいる。

 通算6アンダーの暫定5位タイに、15番を終えた近藤共弘とインスタートの6番を終えた崔 準祐(韓国)。19歳の稲森佑貴は2バーディ、3ボギーの73で回り、一つスコアを落として通算5アンダーの暫定7位グループで、13番を終えた池田勇太ら9人と並んでいる。

 2位スタートの47歳、白潟英純は2バーディ、2ボギー、2ダブルボギーの76で回り、4つスコアを落として、通算2アンダーの暫定38位タイに後退した。

 賞金ランキングトップの小田孔明は15番を終えて、通算イーブンパーの暫定63位タイ、小平智も13番を終えて同じく通算イーブンパーの暫定63位タイに並んでいる。

 ホストプロの片山晋呉は、12番を終えて通算3アンダーの28位タイ、もう一人のホストプロ、重永亜斗夢は15番を終えて通算4オーバーの暫定102位タイに沈んでいる。

 明日は早朝6時40分から第2ラウンドの残りが再開され、9時50分から第3ラウンドが開始される予定となっている。

ParOn.(パーオン)

トピックスRSS

ランキング