サッカーだけじゃない! 毎晩、晩餐会が開かれる今季最後のメジャー大会!

ParOn.(パーオン) / 2014年9月9日 18時0分

2010年のエビアン選手権で、サッカーを楽しむ宮里藍 写真・Getty Images

 ザ・エビアン選手権が今週木曜日から開幕する。昨年からメジャーに昇格した今大会は今年で20回目を数え、米女子ツアーの中でも最も選手に人気の試合だ。

 レマン湖を見下ろすコースは、遠くアルプスの山々を望む。メジャーに昇格してから、さらに華やかな大会になり、毎晩、選手たちを囲んで晩餐(ばんさん)会が開かれる。そのため、通常の試合では見られない美しいドレスを身にまとった選手たちの姿を何度も目にする。

 初日のプレー終了後には近くの競技場でサッカーの親善試合が行われ、フランスの人気選手が登場。過去にジネディーヌ・ジダンが出場したときはお祭り騒ぎだった。もちろん、宮里藍や上田桃子らもサッカーウエアに身を包み、サッカーフィールドを走り回ったこともある。

 フランスでは、ゴルフは決して人気スポーツではないが、今大会は開催国だけでなく、スペインやポルトガルなど欧州全土からゴルフ好きが集まってくる。さながら“紳士淑女の社交場”というのが、今季最後のメジャー大会のもう一つの顔だ。

文・武川玲子
週刊パーゴルフ(2014年9月23日号)掲載


武川玲子(たけかわ・れいこ)
大阪府出身。米国を拠点に、米PGAツアーと米LPGAツアーを中心に精力的な取材活動を続けている。

ParOn.(パーオン)

トピックスRSS

ランキング