松山英樹は初日20位、首位はC・カークとB・ホーシェル

ParOn.(パーオン) / 2014年9月12日 8時5分

フェデックスランキング1位で迎えた最終戦、初日首位の好スタートを切ったクリス・カーク ツアー選手権(2014)(1日目) 写真・Getty Images

ツアー選手権(9月11~14日、米国ジョージア州・イーストレイクGC、7307ヤード、パー70)

 現地時間11日、フェデックスカッププレーオフの最終戦、ツアー選手権が開催。初日はランキング1位のクリス・カークと同2位のビリー・ホーシェルが4アンダーで首位に並んだ。松山英樹は1オーバーの20位タイで初日をスタートした。

 松山英樹は4番でボギー先行も、8番をバーディ、9番ではイーグルを奪い前半2アンダーと上位進出に期待がかかった。しかし後半に入ると、10番、13番のボギーでイーブンパーに戻し、15番バーディも、続く16番、17番で連続ボギーをたたき71、初日は1オーバーの20位タイで終えた。

 ランキング上位5人は優勝すれば年間王者となり、1000万ドルのボーナスを手にする今大会。初日首位に立ったのは、ランキング1位で地元ジョージア州出身のクリス・カークと同2位のビリー・ホーシェル。ともに4バーディ、ノーボギーの66で回り、4アンダーで並んだ。

 3アンダーの2位には、ランキング3位のバッバ・ワトソンと2010年大会で優勝し年間王者になるなど、プレーオフシリーズに強い同7位のジム・フューリクら4人。

 ランキング4位のロリー・マキロイは1アンダーの11位タイで、リッキー・ファウラー、セルジオ・ガルシア、アダム・スコットらと並んでいる。

 同5位で8年連続プレーオフ最終戦進出のハンター・メイハンは、4オーバーの27位タイと出遅れた。

ParOn.(パーオン)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング