北村晃一が7アンダーで単独トップ 宮里聖志は予選落ち

ParOn.(パーオン) / 2014年9月18日 17時29分

seven dreamers challenge in Yonehara GC(9月18~19日、千葉県・米原GC、6780ヤード、パー72)

 18日、ジャパンゴルフツアー・チャレンジトーナメント第12戦、今季から新規での開催となったseven dreamers challenge in Yonehara GCの初日が行われ、1イーグル、6バーディ、1ボギーの65でラウンドし、7アンダーをマークした北村晃一が単独トップに立った。

 6アンダーで1打差の2位タイに、大谷俊介、河合庄司、今平周吾、木下裕太、稲森佑貴、谷昭範の6人。甲斐慎太郎は5アンダーの8位タイ、ピーター・ウィルソンは2アンダーの47位タイ発進となった。宮里聖志は4オーバーの125位タイ、津曲泰弦は9オーバーの143位タイで予選落ちとなった。

ParOn.(パーオン)

トピックスRSS

ランキング