横峯さくらがイタリアでのリフレッシュ合宿効果で2連覇狙う!?

ParOn.(パーオン) / 2014年9月18日 18時19分

今季未勝利の横峯さくら、そろそろ初勝利が欲しいところだ マンシングウェアレディース東海クラシック(2014)(事前情報) 写真・村上航

マンシングウェアレディース東海クラシック(9月19~21日、愛知県・新南愛知CC美浜C、6375ヤード、パー72)

 ディフェンディングチャンピオンの横峯さくらが、先週開催された米女子ツアーのメジャー最終戦、ザ・エビアン選手権に出場したあと、今週火曜日に帰国。今日のプロアマ戦で調整を行った。

「エビアン選手権は3日目に体調を崩した以外は、まずまずの結果(29位)を残せたと思います」

 すると横峯は、エビアン選手権の1週間前に、イタリアのミラノにいたことを告白。

「時差ボケの解消も含めて、イタリアで軽く調整を続けていたんです。夫がイタリアでサッカーをしていたこともあって、食事などを楽しみました」

 ゆっくりと過ごしながら大会に臨めたことは、横峯にとっていいリフレッシュとなったに違いない。

 そして今週は、ディフェンディングチャンピオンとして臨む大会。今季未勝利の横峯にとっては、そろそろ勝ちがほしいところだ。

「グリーンの状態はすごくいいですが、得意なコースではありません。ただ、2回も勝っている大会で相性は良いと思うので、少しでも稼げるようにがんばります」

 後半戦も残り10試合といよいよ佳境を迎えるが、今週はディフェンディングとしての意地を見せたいところだ。

文・キム ミョンウ

ParOn.(パーオン)

トピックスRSS

ランキング