【中間速報】申ジエが単独首位、1打差にイナリ、リエスドの韓国勢で上位を独占

ParOn.(パーオン) / 2014年9月21日 13時11分

マンシングウェアレディース東海クラシック(9月19~21日、愛知県・新南愛知CC美浜C、6375ヤード、パー72)

 大会最終日。最終組が前半を終え、2位スタートの申ジエ(韓国)が通算11アンダーで単独首位に立っている。暫定2位の10アンダーにイナリ、リエスドの韓国勢が並び、9アンダーの北田瑠衣が暫定4位。首位スタートの福田真未は通算7アンダーの暫定9位タイに後退した。

 最終組の2位からスタートした申ジエが6番、9番の2バーディで前半を終え、通算11アンダーの単独首位に立っている。

 首位でスタートした福田真未は6番でダブルボギー、8番ボギーと3つ落とし、通算7アンダーの暫定9位タイで前半を終えた。

 通算10アンダーの暫定2位には10番を終えたイナリと、14番まで終えて7つ伸ばしたリエスドの二人が並び、続く通算9アンダーの暫定4位に前半を終えた北田瑠衣がつけている。

 通算8アンダーの暫定5位タイに、15番まで終えたディフェンディングチャンピオンの横峯さくら、前半をイーブンで終えた成田美寿々、同じく前半を終えたO.サタヤ(タイ)と金ナリ(韓国)の4人が並んでいる。

 福田と同じ暫定9位タイには、16番を終えて6つ伸ばした菊地絵理香、11番を終えた上田桃子、12番を終えた葭葉ルミ、10番を終えた藤本麻子。

 予選通過を果たしたアマチュア二人のベストアマ争いは、三浦桃香さんが16番を終えて通算3アンダーの暫定30位タイ、森田遙さんは71でホールアウトし、通算1アンダーの暫定41位タイにつけている。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング