勝みなみ、通算6アンダーの2位タイに浮上!

ParOn.(パーオン) / 2014年9月26日 18時38分

 現地時間26日、韓国・仁川で開催されている第17回アジア大会のゴルフ競技、第2ラウンドが行われた。

 女子の部(6500ヤード、パー72)は、トップと2打差の4位タイからスタートした勝みなみ(鹿児島高)が、この日も4バーディ、1ボギーとスコアを3つ伸ばして通算6アンダー。トップから3打と差は広がったものの、順位は2位タイに浮上した。

 松原由美(大院大高)は、75でラウンドして通算4オーバーの16位、岡山絵里(大商大高)は76で回り、通算5オーバーの17位に後退した。3人中上位二人の合計スコアで競う団体は、トータル286で前日と変わらず2アンダー、5位をキープしたが、首位のタイとは15打差に広がった。

 男子の部(7031ヤード、パー72)は、小西健太(東北福祉大)が69でラウンドし、スコアを3つ伸ばして通算4アンダーの8位タイで日本勢の最高位。小浦和也(専大)が70で回り、通算3アンダーの13位タイ、長谷川祥平(大阪学院大)は73で回り、通算1アンダーの21位タイに後退し、小木曽喬(福井工大福井高)は71で回り、通算4オーバーの34位タイに順位を上げた。4人中上位3人の合計スコアで争う団体は、トータル422の10アンダーで、首位の台湾と14打差の6位となった。

※敬称略

ParOn.(パーオン)

トピックスRSS

ランキング