【中間速報】テレサ・ルーが単独首位、渡邉彩香、酒井美紀が2位に並ぶ

ParOn.(パーオン) / 2014年9月28日 11時57分

ミヤギテレビ杯ダンロップ女子オープン(9月26~28日、宮城県・利府GC、6499ヤード、パー72)

 大会最終日。最終組が前半を終え、首位スタートのテレサ・ルー(台湾)が通算7アンダーで単独首位。同じく首位の渡邉彩香は酒井美紀と暫定2位に並んでいる。

 首位のテレサ・ルーは2バーディ、2ボギーのイーブンで前半を終え、通算7アンダーで首位をキープ。同じ首位タイでスタートした渡邉彩香は、1番でボギーをたたくと2番からはパーを重ねて前半を1オーバーで回り、通算6アンダーの暫定2位後退した。

 6位タイからスタートした酒井美紀が、10番を終えて4バーディ、1ボギーと3つ伸ばして、通算7アンダーで渡邉と並んで暫定2位に浮上した。

 インスタートの大江香織が前半を4バーディ、1ボギーの3アンダーで後半に入り、2番、3番の連続バーディで通算5アンダー、5番を終えた暫定4位に浮上。3位スタートのアン ソンジュ(韓国)が前半を終え、表純子も13番を終えて同じく暫定4位タイに並んでいる。

 暫定7位には前半を終えた森田理香子の通算4アンダー。

 ディフェンディングチャンピオンのイ ナリ(韓国)は、14番を終えて通算3アンダー。同じく14番終えた原江里菜、9番を終えた堀奈津佳、吉田弓美子と笠りつ子らと並んで暫定8位グループ。

 横峯さくらは17番を終え、14番を終えた成田美寿々らと並んで通算2アンダーの暫定16位タイにつけている。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング