S・ルイスとC・ヘッドウォールが首位に並ぶ!

ParOn.(パーオン) / 2014年10月5日 7時23分

スウェーデン期待のキャロライン・ヘッドウォールが68で回り、通算13アンダーの首位に並んだ レインウッドLPGAクラシック(2014)(3日目) 写真・Getty Images

レインウッドLPGAクラシック(10月2~5日、中国・パインバレーGC、6596ヤード、パー73)

 大会3日目。首位のステーシー・ルイスは72で回り一つスコアを伸ばして通算13アンダーで首位をキープ。3位スタートのキャロライン・ヘッドウォール(スウェーデン)が68と5つ伸ばして、通算13アンダーの首位タイに浮上した。

 2日目まで単独首位のステーシー・ルイスは、1番ボギーでスタートすると、7番もボギーをたたき、ノーバーディで前半を終えた。後半も11番でボギーが先行したが、13番からの3連続バーディで取り戻すと、最終18番もバーディで締めくくり、72の1アンダーでホールアウト。通算13アンダーと一つ伸ばしただけに終わったが、首位はキープした。

 4打差の3位からスタートしたキャロライン・ヘッドウォールは、2バーディ、2ボギーのイーブンで前半を終えたが、後半は11番、12番の連続バーディ、さらに14番、15番連続、そして17番と5バーディを奪うと、5つ伸ばして68をマーク。通算13アンダーで首位タイに並んだ。

 通算11アンダーにはブリタニー・ラングとミリム・リー(韓国)。通算10アンダーの5位タイに朴 仁妃(韓国)とキャロライン・マッソン(ドイツ)がつけている。

 ディフェンディングチャンピオンのフォン シャンシャンは、この日も74と伸ばせずに通算1オーバーの52位タイに後退した。

ParOn.(パーオン)

トピックスRSS

ランキング