【コメント集】細川和彦「ノーボギーの自分を褒めたい」

ParOn.(パーオン) / 2014年10月5日 17時29分

4日間オーバーパーなしのラウンドでベテラン健在ぶりを見せた細川和彦 トップ杯東海クラシック(2014)(最終日) 写真・鈴木祥

トップ杯東海クラシック(10月2日~5日、愛知県・三好CC西C、7315ヤード、パー72)

黄 重坤(2位タイ、2バーディ、ノーボギーの70、通算6アンダー)
「今日は雨でボールが飛ばなかったので、バーディ狙いではなく、パー目標でいったのがいい結果につながったと思います。このコースは好きで、今年はショットも、パットもいい感じでいい成績を残せました。もう少しパッティングを練習して優勝目指してがんばります」

細川和彦(5位タイ、1バーディ、ノーボギーの71、通算4アンダー)※賞金ランキング70位に浮上
「淡々と何も考えずに1ホール1ホールプレーをしました。練習ラウンドでやったことがうまくできました。後半は2回しかドライバーは使っていません。4日間オーバーパーがなかったのが一番うれしい。予選会のこともあるし、1つでも上の順位に行けたらいいと思っていたのがよかった。ノーボギーの自分を褒めたい。これから出られる試合で頑張ります」

谷原秀人(8位タイ、1バーディ、2ボギーの73、通算3アンダー)
「(2打差で迎えた16番で左の崖下に落とす)16番は右のバンカーでいいと思っていたのに、あっちに行ってしまいました。18番もティショットが木に当たって右ラフで、運もなかった。まあ、このコースでこの成績は上出来です」

近藤共弘(12位タイ、3バーディ、2ボギー、2ダブルボギーの75、通算2アンダー)
「この雨でこのセッティングは本当に厳しかった。18番(パー4)はドライバー打って、2打目が3番ウッドですからね……。本当に厳しかったです」

小西健太さん(31位タイ、2バーディ、4ボギーの74、通算4オーバー)※ローアマ
「上がり3連続ボギーが悔しいです。パーパットが全部蹴られて入りませんでした。ローアマを取っても、順位が悪いので悔しいだけです。少しでも上にいけるように自分のレベルを上げていかないといけないと思います」

ParOn.(パーオン)

トピックスRSS

ランキング