香妻琴乃 優勝に向けて勝負の4連戦に突入だ!

ParOn.(パーオン) / 2014年10月7日 18時44分

先週は棄権してファンを心配させたが、元気な姿を見せた香妻琴乃 スタンレーレディス(2014)(事前情報) 写真・村上航

スタンレーレディス(10月10~12日、静岡県・東名CC、6561ヤード、パー72)

 先月末に開催されたLPGAステップ・アップ・ツアーの中国新聞ちゅーピーレディースカップで優勝を果たし、レギュラーツアー4試合の出場権を獲得した香妻琴乃。今季はここまでレギュラーツアーでも2200万円近くを稼ぎ出し、来季のシードをほぼ確定させている。

 そんな香妻だが、予選会を勝ち上がり、出場権を獲得した先週の日本女子オープンでは、初日のスタート前に急きょ棄権。ファンを心配させたが、練習日の今日、コースに姿を見せて9ホールをラウンドし調整を行った。

「先週は腰に痛みが出て、スタート前にはアドレス、トップ、インパクトの時に痛くて棄権をしました」

 日本一ゴルファー決定戦を休むほどの痛みだったが、トレーナーによるストレッチやマッサージの効果もあり、自力で勝ち取った出場試合でスタートまではいけそうだ。

「まだ万全ではありませんし、練習もできていないので、試合になってみないと分からない部分もありますが、とにかく今季最初から掲げているレギュラーツアー優勝を目指していきます」

 体調に不安が残るものの、出場権を得た樋口久子 森永レディスまでの4試合で目標を果たす気持ちは強い。来週の富士通レディース終了時点の賞金ランキングで35位以内に入れば、米女子ツアーの公式戦でもあるミズノクラシックへの出場もかなうため、今週、来週は大事な試合になる。

 サマンサタバサレディースでは惜しくもプレーオフで敗退。その後もトップテンテンに2回入るなど好調なのは間違いない。腰の痛みを抱えてどこまで戦えるのか。歓喜の瞬間を目指してシーズン終盤戦を迎える香妻に注目だ。

文・高桑均

ParOn.(パーオン)

トピックスRSS

ランキング