【中間速報】前半終了、李知姫が首位をキープ、2位アンソンジュ、3位成田美寿々

ParOn.(パーオン) / 2014年10月11日 13時33分

スタンレーレディス(10月10~12日、静岡県・東名CC、6561ヤード、パー72)

 大会2日目。首位スタートの李知姫(韓国)が通算12アンダーで首位をキープ。同じく首位のO.サタヤ(タイ)は通算6アンダーの暫定4位タイに後退している。暫定2位にはアンソンジュ(韓国)、暫定3位には成田美寿々がつけている。

 7アンダーの首位でスタートした李知姫は、3番、5番をバーディとすると、7番から3連続バーディで前半を終え、通算12アンダーで単独首位に立っている。

 同じく首位でスタートしたO.サタヤは、1バーディ、2ボギーで前半を終え、通算6アンダーの暫定4位タイに後退している。

 アンソンジュが2番からの3連続バーディと6番のバーディで前半を4つ伸ばし、通算8アンダーの暫定2位に浮上している。

 通算7アンダーの暫定3位に前半を終えた成田美寿々。通算6アンダーの暫定4位には、17番を終えた森田理香子、前半を終えた原江里菜、鬼澤信子ら5人が並んでいる。

 賞金ランキングトップのイボミ(韓国)と横峯さくらは13番を終えて、通算5アンダーの暫定9位タイ。同じく11番を終えた上田桃子、アマチュアの佐藤耀穂さん(埼玉栄高等学校3年)も暫定9位タイに並んでいる。

 ルーキー堀琴音は前半を終えて、通算3アンダーの暫定18位タイで、同じく前半を終えた北田瑠衣、12番を終えた吉田弓美子らと並んでいる。

 有村智恵は通算1アンダーで17番を終え、ホールアウトしたディフェンディングチャンピオンの姜 秀衍(韓国)と並んで暫定30位タイ。大会ホステスプロの金田久美子はインスタート3番を終えて、通算2オーバーの54位タイと苦戦している。

ParOn.(パーオン)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング